京都メロディ観光  
京都嵐山・嵯峨野かいわい 自然いっぱい  
         梅花藻
       ワンポイントガイド
     

 観光アドバイス
 

 1.日本固有種。冷水を好む為、北日本では水路や河川などに広く 
   分布する。 

 2.西日本などでは、上流や湧水のある地域に限られている。
 

 3.道府県別レッドデーターブックで絶滅危惧種に指定されている
 
   場合が多い。 

 4.山裾(やますそ)に在る、大覚寺から流れて来る、冷たく水温が
 
   保たれた初夏の小川で、ユラユラと頼りなげに揺れている梅花藻 
   らしき水草がポツポツ見られる。 

ボタンをクリックすると目的地にジャンプします 
野鳥・バードウォッチング 清流に梅花藻 
 あの川にホタルを  嵐山郊外の滝    京都の滝
自然学校   京都カレンダー 
 下線のある文字をクリックするとジャンプします  
あなたの現在地トップ(巻頭)ページ自然いっぱい/野鳥・バードウォッチング>自然いっぱい/清流に梅花藻  

 観光アドバイス 

 1.日本固有種。冷水を好む為、北日本では水路や河川などに広く分布する。 
 2.西日本などでは、上流や湧き水のある地域に限られる。 
 3.道府県別レッドデーターブックで、絶滅危惧種に指定されている場合が多い。 

★★ 嵯峨野の小川をきれいにしてバイカモ観光、町おこし ★★
  梅花藻(ばいかも)  河川環境を改善すると可憐(かれん)な姿が見られる。
キンポウゲ科の水生植物で、川底に群生し川の流れに沿うように育つ多年草。 

水面に花が咲き、梅の花に似た5弁の白い花をつける。花の直径は、1.5cm
 
~ 2cmと小さく、絨毯(じゅうたん)のように一面に花をつける。
梅花藻(ばいかも)の生態 

 北海道と本州の河川、水路、湧水池などに生息するほか、九州さらには朝鮮半島にも
 
 見られる。 
 14℃前後の冷水を好むため高地型で高山の沢などに多いが、環境が整えば住宅地 
 近くの河川でも見られる。 



梅花藻(ばいかも)の生育環境 

 大雨や洪水で川の環境が激変しても、清らかな水と汚れのない環境がある河川や沢には
 
 短期間で再び繁茂できる生命力がある。一番弱いのは水質汚染などの人工的な汚れです。 
 それ故に河川環境を示す指標ともなっている。 

 
 田君川(たきみがわ)梅花藻(ばいかも)(兵庫県美方郡新温泉町)  
ホーム 
ページへ
所在 
 地図へ
別ページのデータ

田君川バイカモ公園
 田君川(たきみがわ)バイカモ公園(兵庫県新温泉町)

田君川バイカモ公園
田君川(たきみがわ)バイカモ公園(兵庫県新温泉町)
田君川バイカモ公園
田君川(たきみがわ)バイカモ公園

田君川バイカモ公園 田君川バイカモ公園 田君川バイカモ公園 

田君川バイカモ公園
 田君川(たきみがわ)バイカモ公園





田君川(たきみがわ)は以前はバイカモが見えなくなるほど(あし)が一面に生え、バイカモの 
繁殖を抑制していた。 

平成8年からバイカモの復元のため、兵庫県が河川環境整備事業に取り組み、平成12年に
 
葦(あし)を取り除く河川工事を行い、河床を整備。河床整備で葦(あし)を除去したのをきっかけ 
に、流域の地区住民で田君川(たきみがわ)バイカモ保存会』を発足し絶滅寸前だったバイカモ 
の保護活動をスタートした。 

今では川幅いっぱいに繁殖し、満開時には川一面にバイカモの花が見られるようになっている。
 
夏でも水量を確保できるよう30m間隔で堰をつくり、堤防は訪れた人々が、近くでバイカモ 
が見られるよう整備されている。 

田君川バイカモ公園田君川(たきみがわ)バイカモ公園 

田君川バイカモ公園田君川(たきみがわ)バイカモ公園 

田君川バイカモ公園田君川(たきみがわ)バイカモ公園 

 醒井(さめがい)梅花藻(ばいかも)(滋賀県米原市醒井)
ホーム 
ページへ
所在 
 地図へ
別ページのデータ
醒井地蔵川の梅花藻
醒井地蔵川の梅花藻
醒井地蔵川の梅花藻 
醒井(さめがい)地蔵川(じぞうがわ)の梅花藻(米原市) 

醒井地蔵川の梅花藻 
醒井(さめがい)地蔵川(じぞうがわ)の梅花藻(米原市) 

醒井地蔵川の梅花藻 醒井地蔵川の梅花藻
     醒井(さめがい)地蔵川(じぞうがわ)の梅花藻(米原市) 

      醒井(さめがい)地蔵川(じぞうがわ)の梅花藻(米原市) 

醒井地蔵川の梅花藻

醒井(さめがい)地蔵川(じぞうがわ)の梅花藻 
(米原市) 

水深の深いところ 
では水中で花が咲く 


醒井地蔵川の梅花藻 
醒井(さめがい)地蔵川(じぞうがわ)

醒井地蔵川の梅花藻 
醒井(さめがい)地蔵川(じぞうがわ)

滋賀県米原市醒井 
滋賀県米原市醒井 

中山道(なかせんどう)醒井(さめがい)宿(しゅく)(滋賀県米原市)の中央を流れる地蔵川は年中15度前後の澄んだ水が流れており、バイカモの繁殖地として有名。 

地蔵川は、居醒の清水などから湧き出る清水によってできた川で、大変珍しい水中花「梅花藻」で有名。水温
 
は年間通じて、15℃程度と安定しており、この清流には、この地域と岐阜県南部にしかいない絶滅危惧種の 
魚「ハリヨ」も生息している。 

 嵯峨野で梅花藻が生育 !! 
近年、嵯峨野では梅雨を過ぎて水量の少なくなった初夏に入ると、愛らしい白い花を無数に持った梅花藻そっくり 
な深緑の藻が川幅いっぱいに河床で揺らいでいるのが見られる。 

これが梅花藻の一種なら、地域でこれを保護していけば水辺自然環境の再生と改善につながり、市民の憩いの場ともなる。
 


環境を整えれば、全国どこでも可憐な梅花藻をテコに、「水辺自然環境の改善」と「町おこし」 
ができる。 

ボタンをクリックすると目的地にジャンプします
野鳥・バードウォッチング 清流に梅花藻
あの川にホタルを 嵐山郊外の滝    京都の滝
      自然学校   京都カレンダー
このページのトップへ
下線のある文字をクリックするとジャンプします
トップページ 
(巻頭ページ)
地図 交通 泊まる 
(宿泊)
花の名所 
(花だより)
天然温泉 右京区役所
今月の行事 季節イベント 
(行事)
味わい処 
(食事)
買物 
(お土産)
京野菜と 
食材・グルメ
京都市役所
屋外 
レジャー
観光コース 見たい所 
(観光)
自然いっぱい メール広場 京都風情 
(ふぜい) 
あれこれガイド
ページ一覧 
サイトマップ
京都メロディ観光
Copyright (C) Kyoto-Melody Tourist Office. All Rights Reserved. From 2008.